フレデリックの文化ガイド(2020/08)

ようやく生のクラシック・コンサートを聴きました。奏者も聴衆も感無量です。しかし席数は半分に制限。ウィーン・フィルはどうなる?

*イチオシ・シネマ*

今月のイチオシは28日からシネプレックス小倉で公開予定の、大林宣彦監督の遺作「海辺の映画館 キネマの玉手箱」!20年ぶりに故郷・尾道で撮影された監督の思いが詰まったキネマの玉手箱。圧倒的な大林ワールドの世界へ飛び込みましょう!また、現在上映中の「ファヒム パリが見た奇跡」も爽快!バングラディシュを追われパリに住む難民父子。息子ファヒムはチェスの天才少年だった・・・。
全シネコンで21日から公開される瀬々敬久監督の「」と、ディズニー&ピクサー最新作「2分の1の魔法」は、宣伝も効いて前評判上々。
そして、小倉昭和館で22日から上映されるお得な2本立を2組。まず伝記映画としてジュディ・ガーランドの半生「ジュディ」&女性指揮者アントニア・ブリコの半生「レディ・マエストロ」。そして是枝裕和監督が男性陣にスポットを当て再編集した「真実(特別編集版)」&「スキャンダル」。さらに9月5日からは「男と女」&「男と女 人生最良の日々」の2本立!53年の歳月を経て同じ二人を再会させるクロード・ルルーシュ監督の愛の奇跡を目撃しましょう。

*映画サークル情報*

今月は13年のジョージア・仏・独合作映画「花咲くころ」。92年の春から夏にかけて、14歳の少女2人の成長と友情を鮮烈な映像でみずみずしく描いています。ジョージアに残る〝誘拐婚〟の風習とは?今月も未知との遭遇を!なお、席数制限のため入会する場合のみ鑑賞可。
23日(日)10時・15時・17時
24日(月)19時
全て小倉昭和館

北九の仲間 No.1317へ